インターネットの引っ越しは早めかつお得に

引っ越しが決まったら、インターネットの引っ越し手続きは早めに進めましょう。

理由は、固定回線(光ファイバー・ケーブルテレビなど)の場合、工事が必要な場合もあり、引っ越しシーズンですと2カ月先ということも、、、。

モデムなどのレンタル機器も返却が必要ですし、同じプロバイダー(OCNやBIGLOBE、So-netなど)で引っ越し手続きする場合は、一度解約しないと引っ越し先のインターネットの申込みができない場合があります。

また、自分は同じ回線で引き続き利用するつもりでいても、引っ越し先の環境によって同じ回線が使えない場合もあります。引っ越しぎりぎりになって、それが分かると回線からプロバイダーまで選び直しとなり、工事もなかなか日程がとれず、引っ越し後しばらくインターネットが使えないという事態に。。。

今ほとんどの方がスマホを持っているので、以前ほど切迫感がないかもしれませんが、インターネットの引っ越し手続きは意外と忘れがちなので、手順リストの最初の方に設定しておいた方が楽です。

では一通りの流れを見て行きましょう。

スポンサーリンク
 

引っ越し先の回線を決める

引っ越しが決まったということは、当然どこに住むのか分かっているということですよね?

まずはその引っ越し先で現在の回線(フレッツ光・auひかり・ケーブルテレビなど)が使えるのかどうかを調べます。プロバイダーのサイトやその回線を提供しているサービスサイト(フレッツ光ならNTT)でも住所を入力すれば、使用可能かどうかチェックできます。

【引っ越し先でも同じ回線が使える場合】

現在契約中のプロバイダーから引っ越し手続きを行います。
大抵の場合、引っ越し特典として工事費無料や解約手数料無料などがありますので、そこはチェック。
引っ越し特典を利用した方が得か、まったく別の回線・またはプロバイダーを変えるなどして、申込特典を受けた方が得かは、色々なプロバイダーのサイトを見てチェックしてください。

ただし、現在のプロバイダーが提供しているメールアドレスなどを利用されている場合は、解約するとそのメアドが使えなくなります。(各社、そのための最低月額料金200~300円程度でアカウントを残すコースがありますので、そこはプロバイダーに確認してください。)

【引っ越し先では同じ回線が使えない場合】

2つの方法があります。

1.プロバイダーを同じにして回線だけ乗り換える。
2.プロバイダーも回線も新規に申し込む。

「メアドを残したい」「ポイントを失効させたくない」など現在のプロバイダーを使い続けたい理由がある場合は1ということになります。

この場合は、プロバイダーに引っ越し先で使える回線を相談しながら決めてもいいですし、もし決まっているならまずは現在の回線の解約を行いましょう。

解約・新規申し込み手順などは各プロバイダーによって異なります。
とくに現在契約中のプロバイダーにこだわらない場合は、別プロバイダーに乗り換えた方が得な特典が受けられます。

また、ある程度大きな街の集合住宅になると、マンションの契約内にすでにフレッツ光など契約されている場合があります。その場合は工事費などが無料になったりするので、お得ですよ。

また、フレッツ光などはプロバイダーだけでなく、NTTにも連絡が必要になってきます。
お忘れなく!

引っ越し先のプロバイダーを決める

先に記載した通り、新規でプロバイダーを選ぶときは、複数のプロバイダーをチェックしましょう。
その時のキャッシュバック特典や、月額料金など各社微妙に異なります。

例えば、同じauひかり回線でも各プロバイダーで特典が異なります

よーく特典条件なども比べて選べば、かなりお得に申し込むことができますよ。

スポンサーリンク

お得にインターネットのお引っ越し

解約と新規申し込みにかかる費用は
・サービス解約料(契約解除料)
・引っ越し先で使うインターネットの申し込み手数料
・工事費(撤去・設置)
・解約月までの月額料金

です。
その他、特典を別途受けた場合、最低利用期間に達していない場合はその特典に対する違約金がかかります

サービス解約料は引っ越し月がインターネットサービスの更新月に当たっていればかからない場合があります。

工事費も場合によってはかかりません。

それぞれ現在契約中のプロバイダーと引っ越し先で利用するプロバイダーに確認し、無駄のないように段取りしてください。

何よりお得にインターネットを引っ越すためには、新たに契約するプロバイダーの特典が決め手。
でもプロバイダーの数も多いので、どこかお得なのか良く分かりませんよね。

チェックポイントは以下の通り

  • キャッシュバックタイミング
  • 月額料金
  • 月額料金以外にかかる金額

などです。

例えば、引っ越し先での住む期間が2年未満と分かっていた場合、特典を受け取る条件が2年の継続利用だったりします。
その場合、違約金が発生する場合があります。

また、A社のキャッシュバック特典が高いように見えて、実は月額料金値引きを総計すると、B社のほうが安かったり。

自分の利用予定期間や、特典の総額・条件などを比べるのが、得な引っ越しのポイントです。

インターネットの引っ越しの注意点

インターネットの申し込みは何かと複雑です。

モバイル回線(WiMAXやポケットWi-Fiなど)でもやはり場所が変われば、つながりにくくなることがあります。
現在契約中のプロバイダーに確認しましょう。

またプロバイダーを選ぶとき、色々なサイトをご覧になると思います。
アフィリエイトなどのブログは、ある一定のプロバイダーを契約させるよう、多少内容の信憑性を欠くものもあるので、一つ二つブログを読んで、そのまま鵜呑みにしないようにしてくださいね。

まずはかさねがさねになりますが、引っ越しが決まったら、即インターネットの引っ越し手続きを行ってください。
工事が間に合わないと、なにかと面倒になりますよー!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする