梅酒はいつ頃作る?美味しい作り方とは?おススメ梅酒の作り方

梅酒の作り方

梅酒作りはいつ頃から?余った昨年のはどうする?など梅酒についての良くある質問もご紹介

5月に入るとスーパーなどでも梅酒作りの材料が並び始めますね。

梅酒を作るには5~6月くらいが最適とされています。
理由は、そのころに青梅が収穫されるから。

種類によっては6月中旬くらいのものもあるので、もし青梅を専門業者から取り寄せる場合は問い合わせてみましょう。
ただし準備は早めにしておきましょうね。

定番の焼酎で作る?それとも今年は日本酒で作ってみるのもいいかもしれません。

失敗しない梅酒の作り方、さらに梅酒に関するよくある質問のご紹介です。

スポンサーリンク

梅酒作りの準備をはじめましょう

梅酒の材料はいたってシンプル。
梅と氷砂糖と焼酎。

まずは梅の選別から。

■梅酒に適した梅

一般的には

・南高梅(なんこううめ)
・鴬宿(おうしゅく)
・南高(なんこう)
・古城(ごじろ)
・竜峡(りゅうきょう)
・白加賀(しらかが)

などが使用されます。

また、選び方は未熟なもの、傷がついているもの、収穫から日がたっていそうなものは避けます。
また、ツヤのあるみずみずしいものを選ぶようにしましょう。

スーパーで売られているものはよくそのあたりが見極めにくいので、専門店に問い合わせてみてもいいかもしれません。

種類により5月であったり、6月になってからだったりします。
また、専門店で購入した梅にも傷のあるものがありますが、それは避けるようにしたほうがよさそうです。

傷のある梅を梅酒に使うと、お酒が濁ってきます

■保存瓶
4~5リットル容器を用意します。
酸に強いガラスなどが適しています。

容器は熱湯消毒し、良く乾かします。
35度の焼酎でさらに拭くと、安心です。

スポンサーリンク

梅酒の美味しい作り方とは?

梅酒の美味しい作り方

一般的な梅酒の作り方

材料:青梅 1kg
   氷砂糖 700g前後が目安
   焼酎 1.8リットル

1. 青梅を洗ってから、ボウルにいっぱいに水の中に入れ、2~4時間くらい浸します。
 これにより、あくを抜きます。

2.ザルにあけて、水気を切り、ヘタ部分を竹串などで取り除きます。

3.青梅と氷砂糖を、交互に入れていきます。

4.焼酎を、静かに注ぎ入れます。

5.冷暗所で保存する。時々ビンを揺り動かして、糖分が均等に混ざるようにします。
 あまりかき回すと濁ります。

半年くらい漬けるのが理想です。

漬ける時間が長くなればなるほど熟成し、旨みも増していきます。

焼酎以外で梅酒を作る

日本酒で作る梅酒も人気があります。

使う日本酒は必ず20度以上のものを使います。
これは味がどうこうということでなく、酒税法の観点から。

日本酒を使うと、別のお酒を無許可で作ったことになります。

ただ、梅酒はアルコール度数の高い方が美味しくなると言われているので、これは好都合ですね。

度数の低い度数のお酒で作ると梅が腐ってしまう可能性もあるので、注意してください。

焼酎なら35度くらいです。

日本酒で作る梅酒

材料
日本酒 1800ml
砂糖  500gくらい

目安ですが、日本酒自体に糖度があるので、加減してください。

作り方は焼酎と一緒ですが、一点だけ。
梅は3カ月くらいしたら1年以内に取り出してください

日本酒他、ブランディ・ウイスキー・ウォッカ・ジンなどでも作れます。

梅酒のよくある質問

ここからは疑問に思う点をまとめてみました。

Q.使うお酒は何でもOK?
A.35度のホワイトリカーがおススメ。焼酎自体に味がついていると、梅の旨みが損なわれます。ただ、半年~1年くらいで飲みきるようであれば25度の麦焼酎でもOKです。

Q.保存場所は?
A.3常温でOK。ただし直射日光が当たらない場所で。度数の低いアルコールを使った場合は冷暗所で。すこし室温などにも注意が必要です。

Q. 梅を取り出すタイミングは?
A.3梅の風味を少し感じる程度にしておきたいなら3カ月くらいに。エキスがすべて抽出するのは1年。ただ、ずっと入れっぱなしにするとコク・香り・風味ともに増します。

Q. お酒が濁った
A. 梅をすべて取り出し、清潔なガーゼなどで漉し、容器を消毒しなおしてまた元にもどします。

Q. 使用済の梅は?
A.ジャムにしたり、魚や肉と一緒に煮込むと臭みが取れます。梅酒以外のお酒を飲むときに潰していれるのもいいですね。

まとめ

父の日もありますので、プレゼントしてもいいですね。

梅酒は家族でいろいろアレンジしながら楽しめるお酒。
ぜひ家族好みの味に仕上げてください。

もうまもなくですよ。

> 捨てるべからず!梅酒を漬けた梅どうしてる?美味しい活用法をご紹介

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする