湿気対策 部屋やクローゼットを安くカンタンに除湿する方法

湿気とカビ対策

除湿機やエアコンに頼らない
湿気増す夏時の効果的な除湿方法

梅雨が近づきました。

急に暑くなり、もう衣替えをすませた方も多いかと思います。
衣替えの際、クローゼット内の除湿対策も済ませましたか?

梅雨時になってからでなく、今からやるのが効果的。

風通ししておくべきものは一旦クローゼットから出して影干ししておきましょう。

クローゼットの湿気を逃したら、来る梅雨に向けて除湿対策をします。

ではその除湿方法とは?
部屋とクローゼットそれぞれの効果的な湿気対策をご紹介!

スポンサーリンク

クローゼットの除湿とカビ対策

部屋をいくら除湿してもクローゼットには溜まりますよね、湿気。
特にギュウギュウに詰まったクローゼットは湿気はもちろんカビの温床となります。

本格的に湿度が増す季節になる前に対策を打っておきましょう。

湿気をとろう

まずクローゼットの中身を部屋に出して、中の空気の入れ替えを。
その際、掃除機でホコリをすべて取り除いておくことも忘れずに。

ホコリはダニやカビの発生の原因になります。

部屋の掃除のたびにやるのは大変ですから、この際がんばってやってしまいましょう。

除湿剤をセット

防臭・防カビシートを敷いて、クローゼットの奥の隅に置き型の除湿剤をセットします。
引き出しには一番下に除湿剤(引き出し用のもの)。一番上に防虫剤をセットします。

季節の衣類の引き出しには除湿剤のみでいいと思います。

ハンガーをかけるところにも出来たら吊るし型の除湿剤を。
服同士隙間がある場合は必要ないかもしれませんが、密着している場合はどうしてもそこに湿気がたまります。

中身をクローゼットに戻すときは、少し空気の通り道を意識して収納することをおススメします。

また、シーズンオフの衣類は、引き出しなら下の段に化繊や綿、麻製品。
上には湿気や虫に弱いシルクやウール、カシミヤなどを入れるのと臭いやカビ、虫対策になるそうです。

ちょっとしまい方を気をつけるだけなので、簡単にできますね。

部屋の除湿対策

エアコンや除湿機頼るのもありですが、エアコンは室温によってうまく除湿機能が働いてくれません。
除湿機を買うのもいいですが、意外と場所取りますよね。

ここは知恵袋的除湿対策でいきましょう。

ずばり、重層です!

けっこう効果あります。

用意するものは

  • 重層(掃除用の大容量サイズ) 500g~1kg
  • 素焼きの鉢
  • ガーゼ
  • 紐やリボン

素焼きの鉢はビンなどでもいいですが、素焼きの鉢の方が鉢自体空気の通り道があるので、効果的です。

鉢の場合、底に水はけ用の穴があいているので、こちらもガーゼなどでふさぎます。
そこに重層をいれます。

容器の7~8分目くらい。

鉢に蓋をするようにガーゼをかぶせ、紐やリボンでしばるだけ。

重層は湿気を含むと固まってくるので、そうしたら変え時。
固まった重層は家の掃除に使用してください。

その重層にアロマオイルを含ませると、部屋に良い香りが漂います。
さらに以下は抗真菌作用があるので、防カビ効果も期待できます。

・ラベンダー
・ローズウッド
・ペパーミント
・ゼラニウム
・ベルガモット

など。

鉢に入れた重層に直接垂らすのでなく、鉢に入れる前にビニールに重層を入れ、アロマオイルを10~20滴くらい入れてふると、重層にまんべんなくアロマオイルが馴染みます。
それから鉢にいれればOKです。

スポンサーリンク

コーヒーかすも除湿剤に?

ドリップコーヒーを入れたあとのかすを乾燥させたものも、除湿・消臭に効果があると言われています。
どうせ捨ててしまうものでもあるので、やってみてはどうでしょうか。

やり方はカンタン!
コーヒーかすをフィルターから新聞紙などの上に広げ、乾燥させるだけ。

あとは出汁パックやコーヒーの紙フィルターなどに入れて封をするだけ。

乾燥が不十分だと、そこからカビが発生するので注意が必要です。

湿気をため込まないためには

湿気やカビ対策は面倒でもこまめな換気をすることしか効果的な方法はないようです。
梅雨をすぎても日本の夏はとにかく湿度が高い!

秋になるまで気が抜けませんね。
除湿機やエアコンに頼りたくない方のために、日常ちょっとした工夫でできる除湿・防カビ方法をご紹介します。

晴れた日などは部屋の換気を

部屋の空気を流すことにより、湿気がたまるのを防ぎます。
朝晩1回ずつ、短時間でも窓を開ける習慣を。

クローゼット・下駄箱・シンクの下は扉を開けて/h3>

クローゼット・下駄箱・シンクの下は時々扉を開けっぱなしにし、もしできることなら扇風機などで風を送りましょう。
クローゼットに服をしまうときは脱いですぐにしまわず、一旦干して湿気を取り除いてからしまうようにするのもポイントです。

湿気に悩まされるのは梅雨時に限った話ではありません。

ちょっとした工夫で部屋に快適な空気が流れます。
これからの季節、快適に過ごしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする