GWは茨城県笠間へ 陶器市と一緒に楽しめるつつじまつりのご紹介

GWは家族で文化と自然を同時に楽しめる、笠間の陶炎祭とつつじ公園のルートがおススメ!東京在住なら1日で両方楽しめます。一面赤く染まったつつじ公園は圧巻です。さらに日本三大稲荷のひとつ、笠間稲荷では大藤も見頃。笠間陶炎祭とつつじ公園間ではシャトルバスも運行。この時期笠間にいくならぜひ立ち寄りたいスポットのご紹介です。

男性も必須の日焼け対策 しっかり防止グッズとおススメ日焼け止め

春になると一気に増える紫外線量。その対策は早めにした方が◎。今では男性も必須。そのしわ寄せはシミやしわなどの美容面だけでなく、ガン発症や免疫力の低下など健康面においても影響力があります。では具体的にはどのような日焼け防止対策があるのか。日焼け止めの選び方や効果的日焼け対策などをご紹介。さらに積極的に取りたい食材なども。

GWのおでかけにおススメ 春の陶磁器祭り情報2018【関東編】

GW期間中に開催の関東二大陶器市へ。栃木益子町の益子春の陶器市と茨城笠間で開催の笠間陶炎祭の情報。どちらに行こうと迷っている方必見、それぞれの特徴と魅力をご紹介します。さらには両陶器市へのアクセス情報も。伝統の益子焼と現代工芸の笠間焼。どちらも関東を代表する魅力満載の陶器です。ぜひ家族、友人と出かけてください。

GW益子春の陶器市の渋滞や駐車場穴場情報 車とバスどちらが◎?

GWでひと際賑わう益子の陶器市。その人気は不動で毎年何十万人と言われています。でも問題は渋滞と駐車場の確保。東京から出るバスも、出発時刻の1時間前から並ばなければならない場合も。意外とツアーがいい場合も?そんなアクセス方法情報のご紹介。GW、益子の陶器市を満喫するために現地へはスムーズに入るためにもしっかり事前チェック!

GW益子陶器市へ行く前にチェック!グルメや観光おススメスポット

益子の陶器市近辺は見どころスポットがいっぱい。益子焼きの歴史を知ることで、昨今の民芸ブームを知ることもできます。益子はグルメスポットも充実。GWに陶器市に行くなら、器めぐりだけではもったいない!ぜひ地元グルメや益子の物づくりの背景を堪能してください。陶器市がもっと楽しくなること間違いなしです。GWは日本文化を楽しみましょう。

GWおすすめ益子春の陶器市2018の楽しみ方 日程や見どころ

GW期間中は日本全国でやきものの産地で陶器市が開催されます。なかなか器や工芸品に触れる機会のない方も気軽にお祭り感覚で触れることができる陶器市。伝統的なものから、益子焼のテイストを残しつつ新しいものを取り入れた製品までその幅は広く、老若男女問わず楽しめる陶器市です。今回は日程とアクセスと歩き方のご紹介です。

潮干狩りのあさりを美味しくするための砂抜き方法と保存方法

潮干狩りから持ち帰ったあさり、ちゃんと正しく処理できていますか?あさりは貝に雑菌が多く付着している場合もありますし、砂抜きが不十分の場合は食感が悪くなります。せっかく採ってきたあさりなら安心に美味しくいただきたいですね。時間はちょっとかかりますが、するとしないでは大違い。その日食べるなら下処理の時間もきちんと計算しておきましょう。

潮干狩りに子どもと行くならココがおススメ【東京・千葉】

子どもと気軽に行ける潮干狩りですが、子どもはすぐに飽きます。それではあさりの採れ高もイマイチのうちに諦めて帰りますか?それならいっそう、潮干狩り以外のレジャーに切り替えてみては?せっかく家族できたのだから、子どもが飽きたからすぐ帰るでは、ちょっと消化不良ですよね。レジャー施設も整った潮干狩り場のご紹介です。

潮干狩り持って行く物は何?あさりを持ち帰るために必要なものは?

潮干狩りに行ったらあれがあればよかった、などがでてくると、せっかくの楽しみも台無しですよね。さらに、ちゃんとあさりの持ち帰る方法をチェックしておかないと、せっかく採ったあさりが傷ついてしまったり。事前にチェックしてしておけば家族のレジャーもさらに楽しめます。潮干狩りの持ち物、服装、あさりの持ち帰り方法のご紹介。