お祭り一覧

阿波踊りの時はぜひ立ち寄って 高円寺のおススメ店

高円寺は昔からライブハウスや古着の街として若者に人気の街です。ちょっとマニアックなイメージが最近は一転、今時のお洒落スポットになってきました。そんな新旧ごっちゃの街高円寺で特におススメのグルメスポットをご紹介。阿波踊りのとき、フラッと古着屋や雑貨を買いに来た時にぜひ立ち寄ってみてください。最近の特におススメをご紹介。

高円寺阿波踊り楽しみ方 人混みや場所取りポイントとトイレ情報など

60年以上の歴史をもち、すっかり東京名物とまでなった「高円寺阿波踊り」。本場徳島からもいくつかの連が参戦し、暑い東京高円寺の街を一掃熱くします。本場徳島と大きく異なるのは桟敷席が少ないこと。当然場所取りが必須になってきます。どこに何時くらいからとればいいのか、楽しみ方・見どころなどをご紹介!

しながわ宿場まつり2018年 見どころや屋台さらにスケジュール情報

品川は東海道五十三次の最初の宿場。その歴史と日本文化を次世代への継承すべく始った「しながわ宿場まつり」。その魅力はその祭の大きさとイベントの多さ。花魁道中と呼ばれる選ばれし美女のパレードから、和楽ライブなど、内容は盛りだくさん。さらにこだわり屋台がずらりと立ち並びます。子供からおとなまで楽しめる品川区最大イベントです。

浴衣デート今年はどこ行く? 東京夏祭り・浴衣イベント2018

浴衣を着るのが花火大会だけなんてもったいない!今年は彼・彼女と浴衣着てデートに繰り出してみませんか?浴衣だからこそ盛り上がるイベントやお祭りが目白押し。きっと夏ならではの特別なデートの一日になること間違いなし!さっそくチェック!浴衣の準備もお忘れなく!

七夕まつり2018 デートに最適!おススメの関東七夕イベント10選

七夕は毎年どう過ごしていますか?各地で楽しめる七夕イベントや由緒ある神社で行われる七夕祭など、実は知らない七夕祭りの数々。 今回は関東の七夕祭りおススメ10選。今年は浴衣着て、七夕デートはいかがでしょうか。七夕は子どもだけのお楽しみではありません。ぜひ大人なりに楽しんじゃいましょう。

郡上踊りは徹夜踊りにかぎる!参加方法は?宿はとるべき?

毎年何万にもの観光客で賑わう郡上踊り。古い街並みの残る、小さな城下町がお盆には賑わいます。郡上踊りは参加型祭り。だれでも気軽に楽しめます。踊りも知らないのに?と思うかもしれませんが、そこは心配無用。見よう見まねで誰でも踊れます。郡上踊りを楽しむ極意を伝授!ぜひ今年はチャレンジしてみませんか?ただし宿は早めに取っておくことをおススメします。

鳥越祭2018の歩き方 見どころと日程と屋台とアクセス

鳥越祭は1,300年ほど続く東京代表のお祭りです。千貫神輿と呼ばれる宮神輿の大きさは関東一とも言われています。その大きな神輿が威勢良い掛け声とともに、下町を練り歩く様子は見ているだけでワクワクします。周辺には200を超える屋台もならび、6月はお祭りモード一色になります。なかなか行く機会がないという方はぜひ一度足を運んでみてください。

益子陶器市 混み具合や子ども連れも大丈夫?さらに穴場など

101回益子陶器市情報と穴場。子どもを連れて行く場合は?などの情報をご紹介。今年は101回記念エコバッグも発売。益子に行ったらぜひ行きたいそば屋など。何万人の集客を見込む益子の陶器市の攻略ポイントは日程選びと時間、さらには事前のルート選び。全部周るのは1日では無理です。あそこもここもと言わず、ある程度歩くルートを決めておいたほうが疲れません。

GWは茨城県笠間へ 陶器市と一緒に楽しめるつつじまつりのご紹介

GWは家族で文化と自然を同時に楽しめる、笠間の陶炎祭とつつじ公園のルートがおススメ!東京在住なら1日で両方楽しめます。一面赤く染まったつつじ公園は圧巻です。さらに日本三大稲荷のひとつ、笠間稲荷では大藤も見頃。笠間陶炎祭とつつじ公園間ではシャトルバスも運行。この時期笠間にいくならぜひ立ち寄りたいスポットのご紹介です。

GWのおでかけにおススメ 春の陶磁器祭り情報2018【関東編】

GW期間中に開催の関東二大陶器市へ。栃木益子町の益子春の陶器市と茨城笠間で開催の笠間陶炎祭の情報。どちらに行こうと迷っている方必見、それぞれの特徴と魅力をご紹介します。さらには両陶器市へのアクセス情報も。伝統の益子焼と現代工芸の笠間焼。どちらも関東を代表する魅力満載の陶器です。ぜひ家族、友人と出かけてください。