日本の風物詩一覧

七五三子どもの着物はレンタルか購入か まずは必要なものをチェック

七五三の衣装選びも、どうするか悩みどころですね。レンタルは当然買うより安いですが、小物など揃えたり、他のモノが多かったりすると、結局高くなります。レンタルの場合はセット内容をよく確認しましょう。また、小物類もほとんどの場合選べません。一度きりの衣装なので借りると言う方、一度きりのことだからちゃんと作りたいという方、必要なモノをリストアップして予算を算出してくださいね。

七五三 父親母親の和装の場合と洋装の場合の服装選び

七五三の悩みの一つが親の服装。写真も撮るので、あまりいい加減な装いで行けないし、かといってあまり派手になるのも考えもの。さらにパパの服装となると、はたしてどういった服を着て行けばいいのか悩みどころ。基本は準礼装か略礼装です。その基本ルールとおススメコーデをご紹介。七五三の記念と残るものなので、パパとママもお洒落してくださいね。

七五三の撮影日は当日?失敗しないために当日までの段取りをチェック

子どもが三歳の七五三は親にとっても大変。子どもは言うこと聞かないし、写真一枚撮るのも一苦労。 当日慌てないために、準備しておくべきことと、失敗から学ぶ先輩方のあるあるネタをご紹介。 きっと目からうろこの事態があることに気づくはずです。かけがえのない思い出の1日にするために、事前の準備は入念にしておくことをおススメします。

今年の月見団子は手作りしよう インスタ映えもばっちり簡単レシピ

月見団子を十五夜にお供えする風習が少なくなりましたが、現代も日本人が知っている昔ながらの文化です。この時期一年で一番月がキレイに見えることからこの時期の十五夜を「中秋の名月」とよぶようになりました。団子をお供えする由来は諸説ありますが、たまには月を見上げ、家族で作った団子を楽しんでみませんか。おススメの食べ方もご紹介します。

中秋の名月どこで楽しむ?2018十五夜イベントと月見スポット【関東】

関東の都心でなかなか月を望む機会もないかもしれませんが、中秋の名月くらいちょっと夜空を見上げてみませんか。そんな機会になる関東の月見イベントやさらにまだまだある関東の月見スポット。平安から続いている月見イベントを今年はぜひ参加してみましょう。

浴衣デート今年はどこ行く? 東京夏祭り・浴衣イベント2018

浴衣を着るのが花火大会だけなんてもったいない!今年は彼・彼女と浴衣着てデートに繰り出してみませんか?浴衣だからこそ盛り上がるイベントやお祭りが目白押し。きっと夏ならではの特別なデートの一日になること間違いなし!さっそくチェック!浴衣の準備もお忘れなく!

初盆・新盆の訪問に恥かかない 金額の相場や服装のマナー事情

意外と知らない初盆・新盆のマナー。故人が亡くなった初めて向えるお盆は、初盆・新盆と呼ばれ、通常は法要を行います。親族やよほど故人と親しい仲でない限りなかなか参列する機会はないものです。恥をかかないためにも、準備を万端に。参列できない場合は早めのわび状も。文例もご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

七夕まつり2018 デートに最適!おススメの関東七夕イベント10選

七夕は毎年どう過ごしていますか?各地で楽しめる七夕イベントや由緒ある神社で行われる七夕祭など、実は知らない七夕祭りの数々。 今回は関東の七夕祭りおススメ10選。今年は浴衣着て、七夕デートはいかがでしょうか。七夕は子どもだけのお楽しみではありません。ぜひ大人なりに楽しんじゃいましょう。

蛍狩りの時期っていつ?どこで見れる?関東おススメ蛍スポット6選

夏が近付くと日本の風物詩でもある蛍狩りがあらゆるところで楽しめます。ホタルって河川のキレイなところでしか生息できないから東京近辺では無理では?と思っていませんか? 実は最近、都市河川の清浄化がすすみ、少しずつホタルが戻ってきています。そんなホタルを愛でる蛍狩り。家族やデートに最適な夏の静かなイベント。今年は天然のライトショーを見にでかけてみませんか。関東おススメスポット6選をご紹介。

初節句にいただいたお祝いのお返しどうする?相場やマナーのご紹介

子どもの初節句。きっと両親や義理の両親からいろいろお祝いが届いているのではないしょうか。お祝いのお返しは節句の月の内に済ませるってご存知ですか?意外と知らない初節句のお祝いのお返しについてのマナーや、最近人気のアイテムなどもご紹介。身内にもちゃんと感謝の気持ちを伝えるために、ぜひ参考にしてください。